お茶目な露店
魔法士の華子です。
華男さんに売ってもらう宝石を届けにライムの露店街を歩いているときのことです。
ふと入った露店の品揃えにビックリ。
結晶+10、王宮制服すべて+9。
お値段も立派ですが、消滅の危険をかいくぐって、これだけの装備を揃えるとは・・・

感心していると、その下のラビライダーに目が留まりました。
安い!
鈍足魔法士のうちは、いつもラビライダーを使っています。
まだ十分残っているとはいて、ついつい手が伸びてしまいます。
買ってしまいかけたその瞬間、念のため確認してみると・・・

耐久0でした。
耐久0で止めて、しかもそれを露店で売るなんて、お茶目な方ですね。
今度やってみよう(コラ
[PR]
by HanakoSumida | 2005-07-28 13:15 | 魔法士:華子_
<< 華麗でエレガントな芸人へ 突発GMミニイベントだごま~ >>